旭川じじ・ばばの四季の便り


by tonakaidayori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

3種のツバメ・・・・・天塩・サロベツ原野

f0000866_9183513.jpg

日本海オロロンラインを南下すると天塩の街に着く。海岸には、草の王様であるエゾニュウが
高さ1~3m、茎が6cmもあり貫禄充分である。
f0000866_9185978.jpg

天塩の鏡沼を越え、南に行くと崖が突き出ている。
f0000866_9193146.jpg

その崖を見ると、なんと数多くの小さな穴が点在している。これがショウドウツバメの巣穴である。
f0000866_920575.jpg

巣穴をみるとショウドウツバメの親が体を出している。
f0000866_9202863.jpg
f0000866_9211120.jpg

ショウドウツバメと一緒になっている大きなアマツバメも混ざって飛んでいる。これは崖の
割れ目に営巣するようだ!外からは見ることができない。
f0000866_9213769.jpg

これは本州にいるツバメで、道北の天塩や、サロベツの原生花園自然教室のトイレに
営巣していたので驚いた。道南には多いのだが、こんな道北にもいることが確認できた。
日本海の暖流に沿って北上したのであろうと思う。
                (2009.7.2 isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2009-07-22 10:01 | 野鳥観察