旭川じじ・ばばの四季の便り


by tonakaidayori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

神楽岡公園の小鳥たち

f0000866_15473548.jpg

旭川市内にある公園では、珍しく秋の落葉を、樹木の根元に集め越冬させている。
こうすることによって、堆肥となって樹木の栄養になる。その周りを散策した。
f0000866_15475617.jpg
f0000866_15481844.jpg

スズメより小型のガラ類。全道の平地や山地に見られ、本州にはいない。本道の固有種・ハシブトガラ。
f0000866_15484063.jpg

どこにでもいるシジュウガラ。1部は海を渡って本州へ南下する。留鳥。
f0000866_1549042.jpg
f0000866_15491887.jpg

スズメより小さなゴジュウガラ。本道のゴジュウガラは、亜種シロハラゴジュウガラである。
f0000866_15494836.jpg

公園の1部を回って帰ろうと思っていたら、そばでカラスたちが何十羽も群れになり・・・・・
飛んだり、木の枝に止まって盛んに鳴いている。そうこうしている間にさらにカラスの数が増えてきた。
あまりに騒ぐので何が原因か見極めようと、たくさん鳴いているそばへ足を運んだ。
すると、歩いているそばから、フクロウが1羽飛びだした。あっけにとられ飛んでいくフクロウを眺めた。
なんという種かは、同定ができない。エゾフクロウより小さく、体全体が茶色をしている。
それが飛び立つとカラスたちが一斉に飛び立ちそのフクロウを追いかけていく。
しばらくその光景を眺めた。シャッターを切るのを忘れて・・・・・・・。
このフクロウ~~冬鳥のコミミズクか??。
                       (2009.11.24 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2009-12-04 16:30 | 野鳥観察