旭川じじ・ばばの四季の便り


by tonakaidayori
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

望郷の島影・・・・国境近辺の海鳥

f0000866_3242280.jpg

本土最東端のパノラマ・クルーズに乗船、船上から納沙布灯台を望む。ここでは見えないが貝殻島
灯台までの距離が3.7kmしかない。船はその半分1.85kmしか近づけない。この周辺海域は
日本でも有数の海鳥飛来地とされ、海鳥が活動している姿はまさに大自然そのものである。
陸地からでは味わえない新たな風景を求めて、隊長と孫3人で乗り込む。大人3,000円・小中生2,000円
f0000866_3261621.jpg
f0000866_3264381.jpg

ケイマフリの群れと、船に近づいたケイマフリ。絶滅危惧Ⅱ類(環境省)、絶滅危急種(北海道)
f0000866_327687.jpg
f0000866_3273074.jpg

コオリガモのオス。尾が長い。冬鳥。内陸の上川町で観察したことがある。
f0000866_327562.jpg

シノリガモ、冬鳥だが、一部繁殖が確認されている。         希少種(北海道)
f0000866_3281422.jpg

クロガモのオス。海上や、海岸の近くの湖沼にもいる。
さて、今年は生物多様性の国際会議が、名古屋市で10月、cop10が開かれる。議長国日本の
対応が、注目される。この機会に自然保護を改めて考えてみたい!!
                     (2010.1.4 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2010-01-13 04:12 | 野鳥観察