旭川じじ・ばばの四季の便り


by tonakaidayori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

≪カワアイサ≫が泳ぐ永山新川

永山新川に行くと、いつも10羽前後のカワアイサが泳いでいる。いまどきは、オスが白くてよく目立つ。割合警戒心が強くて、ヒトを寄せ付けない。中央がメス。
f0000866_11342222.jpg
f0000866_11344423.jpg

後ろで羽を広げているのがメス。↑上の飛んでる1羽もメスの個体。
f0000866_1135321.jpg
f0000866_11352090.jpg

手前2羽がメス。頭が茶褐色で、全体がグレーっぽい。
f0000866_11353623.jpg
f0000866_1136089.jpg

♂と♀が判別できたと思うが?採食はほとんどが肉食で魚が主である。
f0000866_1137631.jpg
f0000866_11372023.jpg

この新川は≪オオハクチョウ≫≪コハクチョウ≫≪コブハクチョウ≫≪アメリカコハクチョウ≫などの飛来地になっている。また、マガモやオナガガモなどのカモ類も春・秋の時期にやって来る。この1部に、過日(12日)『人と野生生物の関わりを考える会』と『旭山動物園』が、木製の仕切りを設置した。またそこには餌付け自粛を呼びかけるパネルも付けられた。自然に近い状態で観察する16mの仕切りが、有効に活用されることを願っている。できたばかりなので、その功罪がわからないが、ある程度時間をおいて、どのように変化したかなど調査分析をして、広く市民に訴えてほしいものだ!?
            (2010.12.14 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2010-12-23 14:43 | 野鳥観察