旭川じじ・ばばの四季の便り


by tonakaidayori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

≪シノリガモ≫ & ≪ウミガラス≫ 増毛漁港・留萌港 ②

f0000866_592618.jpg

増毛の奥、雄冬にある「白銀の滝」。昔は陸の孤島といって、船でしか行けなかった。
f0000866_5102133.jpg

≪シノリガモ≫は、日本海に多く飛来。群れで見ることができる。
f0000866_5104890.jpg
f0000866_511972.jpg

≪シノリガモ≫の、↑がオス。↓がメス。オスは全身が濃い青色で、いろんな形の白や黒の斑がある。メスは全身が黒褐色で地味な色をしている。顔の前と頬に白い斑がある。
f0000866_5113729.jpg

2組の番(ツガイ)が仲良く泳いでいる。以上は増毛漁港。
f0000866_5115810.jpg

帰りに留萌港に立ち寄る。対岸のほうに≪スズガモ≫の群れがいたので、車で行く。
10数羽の群れに1羽だけ変わった鳥が混ざっている。「ウミガラスだろうか?」
f0000866_5122772.jpg

拡大すると、「これは、紛れもなくウミガラスである」遠いのでピンが甘いので・・・・。
魚網による水死、ハシブトガラすや、オオセグロカモメなどにより、せっかく産卵した卵が食べられたりして、その数が減ったのである。90年ころより、デコイや、拡声器による鳴き声で、誘致策がとられて数が若干増えてきた。

     ウミガラスは 国~ROB 絶滅危惧ⅠA類 北海道~ROB 絶滅危機種 
       (2011.2.3 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-02-18 05:54 | 野鳥観察