旭川じじ・ばばの四季の便り


by tonakaidayori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

これが 本当の『トナカイだより』!!

f0000866_7495136.jpg

宗谷地方は、降雪と吹雪のため、車で移動しても大変である。海上は3メートルの高波であり、海鳥が遊ぶ状態ではなかった。それでも何か、居ないか豊富温泉から浜頓別に向かう道々を行くと、トナカイ牧場の案内標識がある。幌延市街に向かって4キロとある。あまり遠くないので足をのばす。
f0000866_7502335.jpg

幌延町で経営をしていて立派な建物があり、レストラン・売店がある。そこで入場券を買い牧場に入る。ちょうど雪が降り、トナカイたちは、中央に丸くなり休んでいる。
立派な角をもったオスのトナカイである。シカはメスには角がないが、トナカイにはメスにも角がある。雪がひどいのでいったん外に出、再度入場する。
f0000866_7513491.jpg

角の生え始めは、シカ等と同じようにふくろづのである。10月に交尾して7ヵ月後に仔を産む。
f0000866_7515380.jpg

現在60頭が飼育されている。飼料は、牛などと同じ乾燥した牧草を食べていた。
f0000866_7522073.jpg

不思議に感じたのは、白っぽい毛である。冬毛かナ?
町内では、肉の加工品も販売している。味も好評である。
これだけのトナカイを見て、これから益々張り切って「トナカイだより」を出していこう!!
[PR]
by tonakaidayori | 2006-04-08 09:23 | 動物