旭川じじ・ばばの四季の便り


by tonakaidayori
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

野鳥の会・鳥見に出かける 砂川袋地沼


チョット遅くなったが8日、野鳥の会旭川支部の会員がマイクロバス2台で袋地沼に向かう。
あいにくの天候で小雨が降っていた。
f0000866_17313161.jpg
f0000866_17314779.jpg

殆どオオハクチョウである。空知の米どころ新十津川では、餌を求めて数10羽のオオハクチョウが餌を採っていた。白い羽を雪解け水に汚して・・・勿体ない。
f0000866_17321518.jpg

コサメと寒さに負けず、フイルド・スコープを濡らさないよう布で覆い真剣に鳥見を続ける。
f0000866_1733982.jpg

何百というマガンが、落穂を拾って食べていた。こんなにたくさんのマガンが長い時間かけて食べる籾が落ちているのか不思議である。
f0000866_1734065.jpg
f0000866_17341969.jpg

餌がなくなると、数十羽単位で移動をしている。
今日の鳥あわせの結果は、アオサギ・オオハクチョウ・コハクチョウ・マガモ・ヒバリ・ミコアイサ・ハクセキレイ・アメリカコハクチョウ・キンクロハジロ・ヒドリガモ・コガモ・カワアイサ・トビ・カワラヒワ・ムクドリ・モズ・シメ・ツグミ・オオジシギ・マガン・ホオジロガモ・オナガガモ・ハシブトガラス・
ハシボソガラス・ヒヨドリ・・・・・。まだ数種類いた。      (2007.4.8 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2007-04-13 18:10 | 野鳥観察