旭川じじ・ばばの四季の便り


by tonakaidayori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:植物( 12 )

今年も我が家の庭に、≪イチイ≫(俗名オンコ)が赤い実をたわわにつけている。これだけ沢山の赤い実をつける樹も珍しい。
f0000866_459542.jpg
f0000866_50835.jpg

実りの秋は、農作物だけでなく、樹木も果実をつけてくれる。ナナカマドの赤い実にはこれからムクドリ・ツグミ・キレンジャク等が来て餌とする。
f0000866_502886.jpg
f0000866_504475.jpg

旭川にも『神宿るオンコ』の樹が、西神楽にある。幹周り270cm・樹高11m・樹齢150年(推定)の老木が有名である。この樹は、赤い実をつける雌株と、実のならない雄株がある。
f0000866_5169.jpg
f0000866_512398.jpg

≪イチイ≫の実を食べたことがあるが、甘くておいしい。中にある種子は有毒だそうだ。
これから≪ヒヨドリ≫や≪シジュウカラ≫が、赤い仮種皮に誘われ、餌とするが、中の種子は排泄され遠くへ運ばれる。自然界の共存だ!
             (2010.11.2 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2010-11-09 05:49 | 植物
f0000866_643936.jpg

嵐山の旧スキー場の頂上から見た高速道 旭川インター付近。
f0000866_6432929.jpg
f0000866_6442017.jpgf0000866_6444021.jpg
散策道を歩いていると、落葉が目立っているが、紅葉はまだ早いようだが、ほんのわずか真っ赤に紅葉している≪ハウチワカエデ≫を見つけた。陽の光を受け、輝きを増す。
f0000866_6462862.jpg
f0000866_6484555.jpg

秋になると、これまた珍しい≪キタコブシ≫の果実が赤く光っていた。↑2枚。
f0000866_6495591.jpg

≪ヒガラ≫が群れで、トドマツの林を飛びまわっていた。そばには≪ハシブトガラ≫が、大きな「蛾」を採って長い時間かけて食べている。
f0000866_6501744.jpg

さらに奥へ進むと≪エゾリス≫が、どこで見つけたか?昨年のクルミを食べていた。
毛皮も冬毛になり綺麗になっていた。ようやく【小さな小さな秋】を見つけることができた。           (2010.10.7 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2010-10-11 07:13 | 植物
f0000866_6444787.jpg
f0000866_645171.jpg

前から江丹別に向かう時、いつも見ていた展望塔。行く機会がなかったが、今回初めて訪れた。《若者の里 グリーンパーク キャンプ場》の1部にあった。場内にある管理棟・炊事場・トイレ・夜間照明・ファイヤーサークル・野外炉・子供の遊具などが完備。
f0000866_6451848.jpg
f0000866_6462750.jpg

展望塔から見た市営牧場。国営草地開発事業によりこの地に造成、育成牛を預かり、夏期放牧
体を大きく育て、期間後農業者へ返す。面積718ha。
f0000866_6475270.jpg

展望塔から見た、江丹別小・中学校。
f0000866_6482325.jpg
f0000866_6483794.jpg

近くには、【オンコ(イチイ)並木】があり、小鳥たちが集まってくる。
f0000866_649226.jpg

展望塔の階段にいた黄色とオレンジ色のコントラストが美しい≪コヒオドシ≫
                (2010.9.26   isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2010-10-07 07:13 | 植物
f0000866_7502052.jpg

花フェスタの開幕。今年も昨日、9日より13日まで開催。会場は大雪アリーナ。
f0000866_7503614.jpg

この建物の中では主に花の展示や、いくつかの出店がある。勿論屋外でも園芸店などが販売。
f0000866_7505214.jpg
f0000866_751850.jpg

屋内に展示された《花のモニュメント》一段と人目を引く。隣で小さな講座が開かれている。
f0000866_751282.jpg

例年我が仲間(石花遊会会員)が、丹精込めて作り上げた、高山植物の寄せ植え鉢。
会場でも結構人気がある。
f0000866_7514593.jpg

大きな石を中心に、周りに高山植物を配置した。題は『ああ~松島や』今年完成した。
中央の石の上は、八房エゾアカマツ。樹齢60年ほどになる。
f0000866_752456.jpg

今年は、春が遅く今が満開の《ミヤマキリシマ》つつじ。中央の岩を、ロッククライマーが登る。画像が小さくて見えないと思うが・・・・。題は《ロッククライミング》。
13日まであるので近くの人はぜひご笑覧あれ!!↑二つの鉢は、じいちゃんの作品。
             (2010.6.9 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2010-06-10 08:24 | 植物
f0000866_982136.jpg

春光台公園の散策路を、双眼鏡と、カメラを片手に散歩する。
f0000866_984072.jpg
f0000866_985968.jpg

バード・ウオッチングのつもりで歩いたが、会うのはいつものシジュウガラなどのおなじみさん。
足もとを見ると、きれいなキノコが目につく。昔殺虫剤のないころ、このキノコを採ってきて、居間に置くと
これをなめたハエが死ぬのでハエ取りに使ったというテングタケ。別名ハエトリタケという。有毒。
f0000866_991948.jpg
f0000866_99354.jpg

見るから毒々しいキノコなので、誤って食べたという話は聞かない。
タマゴタケには、白いイボがないので間違わないように気をつけてほしい。有毒。
f0000866_995995.jpg

ヒメカバイロタケ(食不適)・・・姫といえばお姫様を想像するが、この世界では可愛い小さいという意。
f0000866_9102070.jpg

このキノコは調べてみたが、名前不明。毒性も不明。森を散策するとまだまだたくさんのキノコ類に
会うことができる。名前不明の紛らわしいキノコは食べないほうが利巧。
                        (2009.9.24 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2009-10-02 09:37 | 植物
息子と小4の孫Mくんと3人で、キノコ採りに出かける。
f0000866_9263091.jpg

派手な朱紅色をして、ベニテングタケ(毒)に似ているので嫌われているが、欧米では「キノコの王様」と
言われ一流料理に使われているようだ!。
f0000866_926469.jpg

大きくなると、橙黄色になり薄くなる。
f0000866_927986.jpg

外国では珍重されているが、あまり美味とは思えない。でも・・・・天ぷら・バター炒め・味噌汁に
入れても、時期が早いので珍しさもあって、おいしいとも思える。
f0000866_9273322.jpg

テングタケ(毒)~~昔、テングタケを採って、茶の間に置いておくと、ハエが来て舐めて死ぬと
云って、ハエ取りとして使用したとか…?間違えても口にしてはいけない有毒のキノコ。
f0000866_9275187.jpg

f0000866_9281097.jpg

これが今回の目玉だ!アカエゾマツの下に出るマツタケ・・・・日本のキノコの横綱格である。
松茸料理は最高である。今回は、時期が早くてこの1本の収穫に終わる。
                (2009.8.14 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2009-08-24 10:02 | 植物
f0000866_4231447.jpg

山すそや山間部の道沿いでこの白い花によく出会う。本道に分布するエゾゴマナ。
f0000866_4233453.jpg

巨大な草、1~3m茎の径6cm、「草の王さま」~エゾニュウ。本州北部・本道に分布。
f0000866_424434.jpg

「クサレダマ」マメ科のレダマに似ているのでこの名がつく。
f0000866_4244124.jpg

本道と本州中部以北に分布する高さ2~4mの「オオイタドリ」
f0000866_425778.jpg

北アメリカ原産の帰化植物。オオハンゴンソウ・・・・本道・福島・長野に大群落がある。
f0000866_4261394.jpg

近畿以北と本道に産す。葉は「ヨモギ餅(草もち)」の原料となるオオヨモギの花。
f0000866_4263843.jpg

「エゾトリカブト」・・・・・紫の花が美しいが、有毒の草本、本道のみに分布。
アイヌは熊を獲る弓矢に、根をすりおろした汁をつけ、毒矢として用いた。
花の形が、舞楽に使う「鳥兜」の冠に似ているのでこの名がつく。
春先の「ニリンソウ」と間違うので注意したい。
               (2008.8.30 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2008-09-04 05:00 | 植物
田んぼの中に、大きな絵画があることを新聞で知ったが、どこにあるのか皆目見当がつかなかったが、偶然その場所を見つけたので観賞してきた。
f0000866_4481599.jpg

JA Taisetuの倉庫のそばにあった。看板の3種の生き物が、田んぼの中に描かれている。
f0000866_4484268.jpg

この見晴台の上から眺めるようにできている。「紫稲・黄稲・星の夢」の色違いの稲で描きあげている。今年で3回目とか・・・・・・・なかなか人気がある。
f0000866_449122.jpg
f0000866_4494114.jpg

今年は、旭山動物園にあやかって、人気者の登場だ!!  1番左側にキングペンギン。
f0000866_4501095.jpg

真ん中にホッキョクグマがデ~ンと構える。足の裏まで丁寧に書かれている。
f0000866_4503726.jpg
f0000866_451373.jpg

最後はアムールトラの登場だ。黒の線は、紫稲で描いている。この稲は古代米だそうだ!!
見晴台が低いので3っの絵を一緒に撮ることができないが、見事な出来栄えだ。
大きさや広さはご想像ください・・・・・。
(2008.8.25 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2008-08-27 05:34 | 植物
f0000866_5224854.jpg

大雪山には、至るところに美しい花が咲き貴重な植物が群れをなしている。
コマクサ平に見える範囲で画像にする。ピンクの小さなちょうちんエゾノツガザクラ。
f0000866_5233783.jpg

エゾノツガザクラに花の形が似ているが花色が帯緑淡黄色。アオノツガザクラ。
f0000866_5235671.jpg
f0000866_5241983.jpg

上はエゾコザクラ、下はキバナシャクナゲでごく一般的な花である。
f0000866_525182.jpg

最初に発見された雌阿寒岳の地名から「メアカンキンバイ」の名がつく。
f0000866_526824.jpg
f0000866_527337.jpg

たくさんある高山植物の中から選ばれて「高山の女王」と呼ばれているコマクサ。
4枚の花弁からなる花が、馬(駒)の顔に似ているので「駒草」の名がつく。
ウスバキチョウの大事な食草で、これを食べて幼虫は成長する。コマクサ平の主である。
          (2008.7.15 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2008-08-07 06:15 | 植物
f0000866_5191213.jpg

ウスバキチョウを求めて、先日登山をしたが、途中色々な高山植物と出会った。
2回に分けてUPすることにした。こんな雪渓がまだあった。
f0000866_5194086.jpg

亜高山というか、第1花園の近辺。大きな潅木が茂る。この黄色のウコンウツギもその一つ。
f0000866_520897.jpg

千島で発見され、赤い実が8月につくが、瓢箪に似てるので「チシマヒョウタンボク]と名がつく。
f0000866_5204576.jpg

葉の裏が白緑色なので「ウラジロナナカマド」。落葉低木1~3m。秋の紅葉がきれいだ。
f0000866_5214771.jpg

亜高山帯で見受けるが、採塩用の「塩釜」から名がついたとか・・・・。「ヨツバシオガマ」。
f0000866_5223027.jpg

湿り気のある岩石地や草原に咲く。登山道にヒッソリ咲いていた。「チングルマ」。
f0000866_523829.jpg

登山道ワキの1部に群生していた。コマクサ平にも何株かを見た。木でありながら小さいが、
大きな花をつける「エゾツツジ」。別名「エゾ錦」といわれ美しさの代表でもある。
園芸店で苗を購入して平鉢に植える「石花遊」で栽培したが水がきれるとすぐ枯れる。
気難しい植物である。       Panasonic LUMIX で初撮り
            (2008.7.15 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2008-07-28 06:16 | 植物