旭川じじ・ばばの四季の便り


by tonakaidayori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

f0000866_6354911.jpg

3年ほど前から、豊頃町の大津漁港に、絶滅危惧種のゼニガタアザラシが棲みついていると言う。旭川から3時間半かけて訪問。
f0000866_6361457.jpg

初めは、『とよっぴー』の愛称で広報誌に使われていたのが、いつの間にか豊頃の「ころ」から
『コロちゃん』になったらしい。『とよちゃん』でもいいと思うが、BABAちゃんと同じ名で具合が悪い・・・。
f0000866_6363384.jpg

人を警戒せず、昼寝中・・・・・体を触る。フサフサの体毛で、柔らかく上等の毛皮である。
f0000866_6365225.jpg

アシも大きく尻尾も見える。趣味は昼寝でよく寝る『コロちゃん』
f0000866_6371671.jpg

BABAちゃんと大きさを比べる。体長1.8m、丸々と肥えている。黒のまん丸の目をしている。BABAちゃんも負けない体重・・・。
f0000866_6382665.jpg

自然界に生きる野生アザラシ、与えられた餌は絶対口にしない。4mもある岸壁から早朝の海中に飛び込み、食事をとる。
2006年7月「アザラシ界のオヤジ」で全国テレビ放送。その後人気沸騰中・・・。大津漁港旧防波堤に棲むゼニガタアザラシの『コロちゃん』・・・・これから襟裳岬に棲むアザラシを訪問。
                    (2006.8.24 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2006-08-27 07:17 | 動物
f0000866_641539.jpg

この度、チンパンジーが旧舎から新舎“チンパンジーの森”へと引越しをした。少しづつ環境に慣れさせながらの新舎生活。麻酔をかけられ、寝ている間に・・・移動。半月経過で、元気にそこらじゅうをはしゃぎ回っていた。
f0000866_651896.jpg

中央の観察スペースでは観察は勿論のこと、街並みをバックに、はつらつと遊ぶチンパンジー達の姿は、伸びやかな開放感で、すがすがしい。
f0000866_663256.jpg

チンパンジーは“おあそび”が大好き。麻袋を手に地上5mのところに架かるスカイブリッジの上を跳び回る。見方を変えると意外な一面を発見することができる。
f0000866_67611.jpg

迫力満点の巨大遊具、地上には岩に囲まれた水路。ここで水を飲む。アフリカの森をイメージしている。遊び心がいっぱいに造られている。
f0000866_675621.jpg

BABAちゃんいわく。「やんちゃ坊主が母親のところに来るが、親は邪険に扱う。親は胸にうまれて間もない赤ちゃんを抱いているからだ。やんちゃ坊主から守っている。人間の母親よりチンパンジーの愛情を感じた。」親子の深い絆・・・。
f0000866_683997.jpg

室内には、約7mの遊具がお出迎え。周りはガラスで覆われあらゆる角度から観察できる。・・・・・チンパンジー館。        (2006.8.19 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2006-08-26 07:11 | 動物
f0000866_1414090.jpg

6月に「ナブの家」を尋ね小鳥達の巣作りを紹介したが、今度は巣立ちの頃と、今の情報を披露しよう。上の写真はアカハラの抱卵をしている様子でした。
f0000866_142259.jpg

そのアカハラは無事に巣立つ事が出来、今は、「ナブの家」の周りで、「キョロン、キョロン、チュー。」と元気にさえずっている。
ナブ少年(山口さん)が、今は居ないアカハラの巣を取り出して見せてくれた。
綺麗に干草や、土で丸く形を作っている。中央にある丸いものは、桜の種で「これはきっと、エゾモモンガがはこんできたかも・・・。」とナブ少年は首をかしげる。「エゾモモンガが、屋根のところに棲んでいるかもしれない?」と不思議がる。
f0000866_1425394.jpg

これは、何年か前にエゾモモンガが棲んでいた巣箱である。何匹もの子が巣立った巣箱。シナの樹を利用して造った巣箱か?
f0000866_143516.jpg

いまはそこに、ミツバチが巣を作っている。小さいのでミツバチが見えるかな?
f0000866_1443191.jpg

そのミツバチの幼虫が大きくなる頃、今度はスズメバチが来て幼虫を全部食べるそうだ。
これは別の場所にあった巣から取り出したスズメバチの幼虫である。「この幼虫を、油でいためて食べるととても美味しい。」とナブ少年は曰く。
f0000866_1444932.jpg

7月の喫茶店のオープンが延びているが、そのうちに開店するだろう。建築中の喫茶店。「ナブ少年の家」???完成が待たれる喫茶店・・・・。
                    (2006.8.1 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2006-08-02 14:57 | 日記