旭川じじ・ばばの四季の便り


by tonakaidayori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

f0000866_5543661.jpg

久しぶりの遠出、道東の浦幌。往復500k~近辺の捜索約60k。ある場所に到着?500mほど離れた土手の向いから、一斉に飛び立つ≪マガン≫≪ヒシクイ≫~かなりの数。
f0000866_555120.jpg

白い鳥を目で追うと、まぎれもなく≪ハクガン≫の群れ。何ともいえぬ神々しさ!
初列風切が黒い特徴が判るだろうか?
f0000866_5552059.jpg

紅葉の山をバックに≪ハクガン≫の雄姿!その数35~6羽?結束が固く、行動を共に一致団結している。だからこうした1郡を撮ることができる。
f0000866_5554388.jpg
f0000866_556179.jpg

停車をしているそばに向かって来たと思ったら、4~50m先の草原に着地する。
f0000866_5571851.jpg

成鳥は全身が白く初列風切だけが黒い。羽を閉じると尾が黒く見える。中央にいるのが幼鳥で
灰褐色・嘴は黒く・足は暗赤色。
f0000866_5573714.jpg

4羽が仲良く1列縦隊で食事、その前の1羽怠けている。手前は≪オオヒシクイ≫と額の白いのが≪マガン≫今回はいなかったが、≪シジュウカラガン≫などもいる。
2007年11月にも撮影したが、この時は水上。数も25羽だったが、今回は35羽に増えている。
年々増えていくことは、喜ばしい。道の【希少種】国内飛来数では最高である。
地元の愛鳥家たちの、手厚い保護に感謝!・・・・満足して帰途に就く。
               (2010.10.27 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2010-10-30 07:05 | 野鳥観察
f0000866_3262524.jpg

春光台公園で、≪エゾリス≫に出遭った。割合ヒト慣れしていて、近づいても逃げる気配がないので、できるだけ近くからシャッターチャンスをうかがう。
f0000866_3275423.jpgf0000866_3281317.jpgf0000866_3283625.jpg
f0000866_3293893.jpg

【ミズナラ】の樹が近くにあったので落ち葉や、ドングリがたくさん転がっていた。
盛んに動き回り、ドングリを拾っては食べていた。ちょうど『もぐもぐタイム』だった。
f0000866_3303535.jpgf0000866_331653.jpg
毛並みも冬を迎えて長くきれいに衣替え、耳の毛も長くなってきた。
f0000866_3313316.jpg
樹上の姿も可愛い。↓
f0000866_3321380.jpgf0000866_3323688.jpg
↓ 尾が長くて目立っている。前と後ろから・・・・!
f0000866_3333189.jpg

たったの1匹だったが、30分ほどして、木陰に消えって行った。今日あたりから、
平地にも雪が降るようだ! たくさん食べて脂肪を蓄え厳しい冬を乗り越えよう!

           (2010.10.17 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2010-10-26 04:05 | 動物
f0000866_1343136.jpg

この21日、天候も晴れていたので十勝岳に行くことにした。十勝岳より、大雪山系で1番高い旭岳を見たら、全体が降雪で真っ白だった。十勝岳も山頂は真っ白である。
f0000866_13433125.jpg

ここのガレ場には、≪ナキウサギ≫が棲んでいる。朝早く6時30分ころ現場に到着。今朝は寒く旭川でも初氷が見られた。背中の毛並みも冬用の毛皮になっていた。
f0000866_13435225.jpg
f0000866_13441412.jpg
f0000866_13444086.jpg

これから≪ナキウサギ≫は、冬に食べる食料を運搬して貯蔵する作業が残っている。
今までに3個体が姿を見せていたが、その後しばらく出てこなかった。ようやく11時ころから作業開始、約1時間近く、【イワブクロ】の葉や、【ナナカマド】の葉を集めては岩の間に貯蔵している。
f0000866_1345585.jpg
f0000866_13452369.jpg

また、近くに落ちている高山植物の【ウラジロナナカマド】の実を拾いこれも運んでいる。
よく働く≪ナキちゃん≫昼になったのでしばらく休憩、ここで、下山して帰途につく。午後からも作業が続くだろう?。        (2010.10.21 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2010-10-23 14:12 | 動物
f0000866_8371987.jpg

嵐山の紅葉がすすみ、見事な風景を見ることができた。
f0000866_8373640.jpg
f0000866_8382787.jpgf0000866_8384825.jpg
この日は天気快晴、風もなく散策道を闊歩する。市内でもここは≪オオアカゲラ≫の個体数が多く、
行くたびに観察することができる。わずか1km位で6羽ほど観ることができた。背中と胸に特徴がある。アカゲラよりわずか大きい。
f0000866_8392632.jpg
f0000866_839458.jpg

15~6m先のトドマツの枝に小鳥が止まった。よく見ると≪イカル≫である。近くで観察したのは初めてである。羽を広げると白の部分が良く見える。
f0000866_8402853.jpg
f0000866_840443.jpg

車で帰る途中、電線に止まっていた≪ホオジロ≫・・・路傍に降りては草の実を食べていた。

                  (2010.10.15 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2010-10-19 08:57 | 野鳥観察
f0000866_522550.jpg

紅葉を求めて神楽岡公園にやってきた。モミジの多い場所までは遠いので、そばにあった
【イチョウ】の黄葉を見てきた。秋満開?である。
f0000866_5222058.jpg
f0000866_5224381.jpg
f0000866_522596.jpg

≪エゾリス≫たちも健在で、冬支度か地面を『食探し』で忙しい。まだ夏毛が残っている。
夏毛は茶が濃いが、冬毛は、グレーが全体を覆っている。
f0000866_5231417.jpg

この子は、上の個体と違って、グレーが多くなっている。約3mの距離で超接近。
f0000866_5234916.jpgf0000866_524580.jpg
顔の表情が、穏やかで気品がある。さながら《森の貴公子》の如し??
f0000866_5243467.jpg

今回は5匹の≪エゾリス≫と対面できて、ラッキーであった。あれから1週間、さらに冬の毛替りがすすんだことだろう??。
     (2010.10.9 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2010-10-15 05:43 | 動物
f0000866_643936.jpg

嵐山の旧スキー場の頂上から見た高速道 旭川インター付近。
f0000866_6432929.jpg
f0000866_6442017.jpgf0000866_6444021.jpg
散策道を歩いていると、落葉が目立っているが、紅葉はまだ早いようだが、ほんのわずか真っ赤に紅葉している≪ハウチワカエデ≫を見つけた。陽の光を受け、輝きを増す。
f0000866_6462862.jpg
f0000866_6484555.jpg

秋になると、これまた珍しい≪キタコブシ≫の果実が赤く光っていた。↑2枚。
f0000866_6495591.jpg

≪ヒガラ≫が群れで、トドマツの林を飛びまわっていた。そばには≪ハシブトガラ≫が、大きな「蛾」を採って長い時間かけて食べている。
f0000866_6501744.jpg

さらに奥へ進むと≪エゾリス≫が、どこで見つけたか?昨年のクルミを食べていた。
毛皮も冬毛になり綺麗になっていた。ようやく【小さな小さな秋】を見つけることができた。           (2010.10.7 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2010-10-11 07:13 | 植物
f0000866_6444787.jpg
f0000866_645171.jpg

前から江丹別に向かう時、いつも見ていた展望塔。行く機会がなかったが、今回初めて訪れた。《若者の里 グリーンパーク キャンプ場》の1部にあった。場内にある管理棟・炊事場・トイレ・夜間照明・ファイヤーサークル・野外炉・子供の遊具などが完備。
f0000866_6451848.jpg
f0000866_6462750.jpg

展望塔から見た市営牧場。国営草地開発事業によりこの地に造成、育成牛を預かり、夏期放牧
体を大きく育て、期間後農業者へ返す。面積718ha。
f0000866_6475270.jpg

展望塔から見た、江丹別小・中学校。
f0000866_6482325.jpg
f0000866_6483794.jpg

近くには、【オンコ(イチイ)並木】があり、小鳥たちが集まってくる。
f0000866_649226.jpg

展望塔の階段にいた黄色とオレンジ色のコントラストが美しい≪コヒオドシ≫
                (2010.9.26   isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2010-10-07 07:13 | 植物
f0000866_11333638.jpg
f0000866_1133521.jpg

嵐山を散策して、生き物探しをしてきた。まだ、樹木は落葉せず葉がいっぱいなので、小鳥探しはまだ無理である。それでも≪ハシブトガラ≫(上)は、相変わらずたくさん見ることができた。別のシラカバには、≪オオアカゲラ≫(下)が餌を採っていた。
f0000866_11341369.jpg
f0000866_11342957.jpg

≪コゲラ≫(上)が樹の幹で、餌さがしに余念がない。(下)は、≪ヒガラ≫で、日本産カラ類中、最小の種類。針広混交林に棲んでいる。
f0000866_11351953.jpgf0000866_1135424.jpg
展望台駐車場から見た旭川市近郊。エゾノコンギクと≪モンキチョウ≫。
f0000866_11371627.jpg

秋の路傍を飾る美しい淡紫色のキク。道内では普通に見られる。
f0000866_11373352.jpg

≪アレチマツヨイグサ≫北アメリカ原産の帰化植物で、日本各地の川原・荒れ地・路傍で見ることができる。
          (2010.9.26 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2010-10-03 12:05 | 野鳥観察