旭川じじ・ばばの四季の便り


by tonakaidayori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2011年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

f0000866_10515211.jpg

今の十勝岳・・・まだ雪渓が残る。ここのガレ場に氷河期の生き残りといわれる
≪エゾナキウサギ≫が棲む。
f0000866_105297.jpg
f0000866_10522235.jpg
f0000866_10524283.jpg

ガレ場の≪エゾナキウサギ≫・・・・大きな甲高い声で鳴いたり、外敵を警戒したり!!
行動は様々だ!! 足の裏にも毛がはえていて、岩の上を走り回ることが出来る。
f0000866_105311.jpg
f0000866_10532168.jpg
f0000866_10533844.jpg

今はちょうど「エゾイソツツジ」が満開だ!!その花がこれまた好物である。この花を求めて
30分おきぐらいに顔を出す。このときがシャッターチャンスでもある。
                           (2011.6.27   Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-06-28 11:11 | 動物
f0000866_15472566.jpg

遠くから見た≪クマゲラ≫の巣穴。
f0000866_15475812.jpg
f0000866_15481312.jpg

5月3日まだ雪の残る小さな森、トドマツに大きな巣穴を掘る雄親!!
それから1月以上経過。ヒナが大きくなったと思い再度出かけた。
いつもはカメラマンがたくさんいるのに、今回は一人だけ・・・・少なくびっくり!!
「6月17日を最後に 両親の姿が見えない。」「ハヤブサの餌食になった。」
f0000866_15485498.jpg

親が来なくなって今日で4日目、ヒナたちは体を寄せ合い、ひたすら親の給餌を待つ・・・・幼い命。
f0000866_15493468.jpg

自力では餌をとることも出来ずただただ親を待つ。鳴き声も心なしか元気がない?
「昨日は4羽のヒナがいたが、今日は3羽しか見えないね~」
出来るなら梯子でも持ってきて救出したいのだが・・・・それもならず。
自然界の厳しさを垣間見た1日であった。
                      (2011.6.21 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-06-25 16:33 | 野鳥観察
f0000866_4511877.jpg

餌を銜えて巣穴にやってきた≪アカゲラ≫の雄親!!
f0000866_4513464.jpg
f0000866_4515154.jpg

餌を与えては飛び出す。約5分 間隔!
f0000866_452753.jpg

雄親はよく働く。糞出しするのは、小鳥たちの共通点。
f0000866_4523296.jpg
f0000866_4525153.jpg

雌親も給餌、20分に1回程度。もちろん雌親も糞を出す。
f0000866_453116.jpg
f0000866_4533748.jpg

雄親は給餌の回数が断然多い。≪クマゲラ≫とは逆である。この様子を暫らく静観しよう!!
                      (2011.6.13 isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-06-22 05:10 | 野鳥観察
f0000866_3453335.jpg

現地につくと道路の向うで いきなり≪クマゲラ≫のお出迎えを受ける。
f0000866_3454856.jpg

かなり離れた樹洞には 「ヒメ」さんが顔を出し愛嬌を振りまいている。
f0000866_3461057.jpg
   
次に顔を出し歓迎?してくれたのは 「タロウ」さん。こんなヒナでも雌雄の区別がつく。オワカリ?
f0000866_346368.jpg
f0000866_3465123.jpg
f0000866_3471023.jpg

母親の給餌 ヒトは「一姫、二太郎!」と 言うじゃない??ヒメとタロウの勢ぞろい。
f0000866_3473921.jpg

「男と男の約束だ!!弟や妹の面倒を見てやれよ!」「ハイ・・・・ワカリマシタ!」
こんなに小さくても頭は成鳥と同じだ。オスは額から後頭部まで赤い。メスは後ろが少しだけ赤い。
f0000866_3475876.jpg

再び母親は   餌を求めてお出かけ・・・
               (2011.6.16 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-06-18 04:12 | 野鳥観察
f0000866_16582324.jpg

5月の上旬 街路樹に≪アカゲラ≫が穴をあけ巣作りをしていた。其処へ≪ニュウナイスズメ≫が
やってきて チョッカイヲかけていた。「これは、ニュウナイに横取りされるかも??」と思って
暫らく時間を置いて出かけると、なんと何と中から顔を出したのは、≪コムクドリ≫のオスでした。
f0000866_16584230.jpg
f0000866_16585551.jpg
f0000866_16591284.jpg

メスが5分おきくらいに餌を運んでいる。
f0000866_1659321.jpg

この鳥も中から、ヒナの糞を運び出している。
f0000866_16595182.jpg

オスはなかなか餌を持ってこない。30分に1回の割り!!メスが働き者である。
f0000866_1701414.jpg
f0000866_170363.jpg

オスが餌を運んでくると中にいたメスが顔を出し、ここで交替する。
たくさん食べて大きく育ってほしい!!≪アカゲラ≫の分も・・・・・!!
                              (2011.6.14 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-06-15 17:23 | 野鳥観察
f0000866_415723.jpg

カメラを担いで公園をブラブラ! ≪ハシブトガラ≫が、小さな巣穴から顔を出している。
f0000866_42163.jpg

よく見ると嘴に小さな虫を銜えている。「はは? 子育てをしているのか??」
f0000866_42526.jpg
f0000866_4389.jpg

親が交替をしている。
f0000866_441419.jpg
f0000866_443315.jpg
f0000866_445242.jpg

清潔好きな鳥で、ヒナがした糞を銜えては外に運んでいる。
f0000866_45758.jpg

≪ハシブトガラ≫は本道のみに生息し、全道にいる。自分で巣穴を作らずキツツキ類の古巣や、
樹洞を利用する。≪コガラ≫に似ている。
離れていたので全画像 拡大トリミング。
数日後再度訪れたがすでに巣立って樹洞は、モヌケノ殻だった。今頃雛は大空を飛び回っているだろう!!
                  (2011.5.26 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-06-12 04:32 | 野鳥観察
f0000866_15195786.jpg

今年も昨日から花フェスタが、大雪アリーナで 始まった。屋外では園芸市や 食堂など
屋内ではいろんなイベント・作品展示など・・・・!!
f0000866_15201710.jpg

屋外の園芸市では、希望の花を求めてたくさんのヒトが集まる。
f0000866_15203069.jpg

じいちゃんの所属する『石花遊会』の会員の個性あふるる作品も、展示されている。会員15名。
f0000866_15204669.jpg

いつもたくさんのヒトが観賞に訪れ 会場では大人気!!
f0000866_1521660.jpg
f0000866_15212499.jpg

そこでPRをかねて じいちゃんの作品2点を紹介!
上は『大雪山系 春山スキー』  スキーヤーの姿3人 滑っているのが 見えましたか???
下は『アア松島や、松島や・・・』 左には≪ミヤマキリシマ≫が ようやく咲き始めました。
右に≪ダイサギ≫2羽。中央には≪ヤツ房アカエゾマツ≫が竜眼石の上で威張っている。
f0000866_15213944.jpg

今年の展示期間は12日(日)PM5:00まで、ぜひ訪れて見てくださいな!!
     (2011.6.8 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-06-09 15:58 | 日記
f0000866_2543842.jpg

5cmほどの『クマイザサ』の新芽をくわえている≪ハシブトガラス≫を見つけた。
「何をするのだろう?」と素朴な疑問を持って、観察することにした。
f0000866_2545141.jpg
f0000866_255482.jpg

新芽は綺麗に、皮がむかれている。ヒトがチシマザサ(根マガリダケ)の皮をむいて、
それを食べるように・・・・・なんとこの≪ハシブトガラス≫
f0000866_255229.jpg
f0000866_2554371.jpg

今度は古株に止まり、それをうまく足で押さえ食べている!!!しかも「オいしーィ!」という顔をして・・・
f0000866_256145.jpg

うまく食べ終えると『余は満足した!!』『ご馳走様でした~~カァカァ!』
このカラス繊維質の物まで食べて、腹の調子を整えているのか??
感心カンシン。「それにしても このカラスの額はまっすぐだ! ササやタケと同じように・・・・
普段は 額が出っ張っているのに・・・サ
(2011.5.26 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-06-08 03:26 | 野鳥観察
f0000866_15161778.jpg

これはコギツネが巣立った後・・・・・「どんな巣穴かナ~?」と覗いたとき、入り口は細い丸太で
カモフラージュされた巣穴!!。
f0000866_15165863.jpg
f0000866_15171318.jpg

5/18に巣穴の前で遊んでいたコギツネ。アチコチ「きょろきょろ!」落ち着かぬ?
f0000866_15173845.jpg

遊びつかれて「アア眠たいな~!!」
f0000866_15182615.jpg

1週間後再び訪れた。(5/24) セッセと餌を運ぶ親狐。「小鳥のようだ!」
f0000866_15184834.jpg
f0000866_1519578.jpg
f0000866_15192040.jpg

親狐が「コンコン!」と呼ぶと近くの笹薮から2匹のコギツネが出てきた。
長い時間逢っていないのか?盛んに親狐に寄り添い甘えている。
持ってきた餌はいつの間にかなくなっていた。
・・・・・それから数日後再度訪れるが、コギツネの姿を見ることはなかった。
人目に触れることなく大きく育っていると思われる。
               (2011.5.18 5.24 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-06-05 16:01 | 動物
f0000866_4445519.jpg

旭川市内の嵐山にある≪アオサギ≫のコロニーを覗いてきた。
f0000866_445813.jpg
f0000866_44521100.jpg

サギ類では大きなほうで、あまり珍しくもないが、トドマツ林の樹上に集団で営巣する。
卵が産まれるとカラス類に狙われるし、雛になると同じ目にあうので警戒心が強い!!
f0000866_4453383.jpg
f0000866_4454657.jpg

抱卵中。ヒナが孵っているかも??  ただ 下からヒナを確認することは無理である。
f0000866_446713.jpg
f0000866_4462079.jpg

飛行は緩慢で時々「グワー・グヮー」と鳴く。時には「ゴァー・ゴァー」と聞こえる。
f0000866_4463961.jpg

トドマツ林を歩くと、卵の殻が無数に落ちている。孵化がかなり進んでいると思われるが
ヒナを確認する術がない。卵の長径は6cmほどもあるだろか?
このコロニーはもう何年も使われている。古い巣は落とされて、新しい巣材を集めて営巣!!
カラス類が、孵化したヒナを狙っているようだ!!無事に育って巣立ってほしい。
                    (2011.5.23 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-06-03 05:38 | 野鳥観察