旭川じじ・ばばの四季の便り


by tonakaidayori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

≪アカエリヒレアシシギ≫は、大小群で海洋上に飛来、頭部を前後に振り動かし泳ぎ回る。
数年前に、天売に行くフェリー上で観察したので懐かしい!!!  近海にも多い。
f0000866_3511022.jpg
f0000866_3512623.jpg
f0000866_3514398.jpg

海上に生息。夏は数少ないので見るチャンスはなかった。近くでは天売島などでも
繁殖している。ムクドリよりチョッピリ大きい≪ウミスズメ≫!!
       絶滅危惧ⅠA 類(環境省)  絶滅危急種(北海道)
f0000866_3523210.jpg
f0000866_3524885.jpg

夏は天売島でたくさん見ることが出来る≪ウトウ≫! 穴を掘って集団で繁殖する。
小魚を口いっぱい入れて ヒナに餌を運ぶサマは有名。
f0000866_3534646.jpg
f0000866_3535770.jpg

いよいよ次回が ロサ ルゴサ号での観察報告の最終回。
何が登場するかお楽しみに。。。  
                       (2011.7 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-09-29 04:28 | 野鳥観察
プランクトン・オキアミ・小魚などの居る所には、海鳥や動物が集まってくる。
その中には≪ハシボソミズナギドリ≫や≪キタオットセイ≫なども含まれる。
f0000866_318943.jpg
f0000866_3182710.jpg
f0000866_3184662.jpg
f0000866_3191485.jpg
f0000866_3193656.jpg

この≪ハシボソミズナギドリ≫の大群は、その数 10数万羽(推測)といわれている。
何回か別の場所(八戸航路・羅臼沖etc)でも観察したが、こんなにたくさん観るのは
初めてである。海鳥だけでなくクジラやイルカ等も観察され、船の上は興奮気味である!!
f0000866_3203338.jpg
f0000866_3205076.jpg
f0000866_321587.jpg

≪キタオットセイ≫はここだけでなく何回か観ることが出来た。
霧が濃くて画像が不鮮明・・・・・・ご勘弁を??
                       (2011.7 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-09-26 03:47 | 野鳥観察
f0000866_11423993.jpg

中央にいるのが≪アホウドリ≫の亜成鳥(幼鳥)くちばしが淡いピンク色。
f0000866_1143024.jpg
f0000866_11431852.jpg
f0000866_11433464.jpg
f0000866_11435374.jpg

かって羽毛採集のため、繁殖地において多数殺されたので、
その数が激減したそうナ!!
さらに 太平洋戦争の影響を受け一時は絶滅したと考えられたが、近年 少数だが
鳥島で繁殖が確認された。
f0000866_11441043.jpg

特別天然記念物に指定され わずかながら数を増やしつつあるそう・・・ナ!!
f0000866_11443957.jpg
f0000866_1145241.jpg

前掲の4種の海鳥が勢ぞろいしたところ。それにしても大きさが目だつ≪アホウドリ≫
羽を広げると2mもあるそうだ。成鳥は コアホウドリのように白い部分が見られる。
   特別天然記念物  絶滅危惧Ⅱ類(環境省)
                      (2011.7 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-09-23 12:10 | 野鳥観察
全体が灰黒色で アホウドリの幼鳥に似るが脚が黒色な≪クロアシアホウドリ≫
f0000866_15154244.jpg

f0000866_15155439.jpg

フルマカモメ手前2羽と≪クロアシアホウドリ≫
f0000866_1516831.jpg

飛んでいる!! 奥はコアホウドリ。
f0000866_15162614.jpg

クロアシアホウドリ2羽と、コアホウドリ2羽が休んでいる。
f0000866_15165049.jpg

北太平洋産 3種のアホウドリ中その数最も多く分布も広い。
f0000866_1517958.jpg

繁殖期は前種同様11月~4月まで。鳥島で、少数繁殖。
f0000866_15172446.jpg

夏は本道、本州の太平洋岸沖合いに生息している。
f0000866_15173516.jpg

船上から観察するバーダーたち!! 
                (2011.7 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-09-20 15:56 | 野鳥観察
f0000866_4474621.jpg

船についてくる≪コアホウドリ≫ アホウドリより小型、背・翼・尾端は黒褐色。
f0000866_448874.jpg
f0000866_4484453.jpg
f0000866_4485981.jpg

濃霧で海はグレー。早春から晩秋まで、本州・北海道の太平洋岸の沖合い海面に
普通に見ることが出来る。
f0000866_4491666.jpg

でもこれだけ近くからは、なかなか観察できない。
f0000866_4495196.jpg

海面に水しぶきを上げて着水。綺麗な容姿・・・・来られてよかった!!!
f0000866_4501636.jpg

羽を大きく広げグライダーのように海上を滑翔し、海面にいるイカや小魚を捕食する。
          絶滅危惧ⅠB類(環境省)
             (2011.7 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-09-17 05:09 | 野鳥観察
★さよなら!ロサ ルゴサ 2004年に始まった北方四島沖クルーズが、最後の
航海を迎えた。感動のラストクルーズは、未知の海域、択捉島の東端ラッキベツ岬沖
までを往復する船内3泊4日間の旅。普段間近で見ることの出来ない海鳥たちの姿を
思う存分楽しんできたので、海鳥の種別で連続してUPする。
f0000866_6153380.jpg

朝ロサ ルゴサは根室港から択捉島東端を目指し出航!!
62名のバーダーと胸を膨らませて・・・・・・!!
f0000866_6155384.jpg

f0000866_6161048.jpg

最もポピュラーな≪フルマカモメ≫の登場。カモメの名を称するが、ミズナギドリ科の
海鳥。この海域特有の霧のため視界はゼロに近い。
f0000866_6163090.jpg

突如 甲板に現れたドジな≪フルマカモメ≫・・・・・捕まえられすぐ放された。
f0000866_617162.jpg

f0000866_6172357.jpg

f0000866_6175016.jpg

霧のため画像が暗い。何百何千と船のそばに集まってくる≪フルマカモメ≫!!
f0000866_618827.jpg

船の上から海面を眺める仲間たち?旭川から野鳥の会のE氏、札幌から知人の
案内人Kさん、道内からは3人。他は大阪や東京などから参加。
                      (2011.7. Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-09-14 07:20 | 野鳥観察
f0000866_3541539.jpg

剣淵町のビバガラススキー場の跡にアルパカ牧場が出来て何年にもなる。現在7頭が
飼育されている。≪アルパカ≫は南米ペルーの3500m以上の高原に生息するラクダ科
の動物。毛を利用するため放牧。年に1度毛刈りする。
f0000866_354581.jpg

♀の『タビー』 ↓は♂の『パンチ』寒さに強く、雪が大好物とか??
f0000866_3551723.jpg
f0000866_3553623.jpg

寿命は15~20年位と言われている。
f0000866_3555058.jpg

餌は牧草 特にアカツメクサが好物とやら・・・・・・!!
f0000866_356126.jpg

客にえさをもらって食べている。人工フード。歯は下にしかなく草やコケを好んで食べる。
f0000866_3564749.jpg

入り口に7頭の≪アルパカ≫の紹介。
アルパカの毛は、羊毛より暖かく軽くて丈夫。毛玉が出来にくいソウ~ナ!
1頭分で大人のセーターが1枚・・・・が編めるそう!!
ヒトになれあどけない顔が人気!!               (2011.8.28 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-09-10 04:30 | 動物
f0000866_1639263.jpg

300mほど離れた枯れ木の上から 標的の≪アオバト≫を狙う≪ハヤブサ≫
f0000866_16392022.jpg
f0000866_16393260.jpg

岩盤の上空を≪アオバト≫は飛んでいるが、警戒してなかなか降りない。
f0000866_16395158.jpg
f0000866_1640840.jpg

ようやく我慢ができずに岩盤へ!!
f0000866_16403155.jpg
f0000866_16405066.jpg

V字飛行で瞬時に≪アオバト≫のいる岩盤へ・・・・・時速300Kmで突入。。。。
しかし捕えることは出来ない。下手な狩りは≪ハヤブサ≫の幼鳥か???
f0000866_16414581.jpg

捕えることが出来ず、空腹で引き揚げる幼鳥!!
かなりの回数 狩りは失敗している。数少なくなっているアオバトたち、今日も天敵に
襲われず安泰!!かくて今日のドラマは終了した。
この≪アオバト≫鳴き声が尺八を奏するような音を出すので、昔は籠鳥として
飼われ『シャクハチバト』とも呼ばれていたそうナ!
  (2011.8.26 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-09-07 17:08 | 野鳥観察
f0000866_526838.jpg

十勝岳・・・・・・孫のM君と久方ぶりに出かける。8月29日 快晴。
f0000866_5262163.jpg

ヒョッコリ現れた≪エゾナキウサギ≫~毛並みが綺麗になっている。
子供もいたが、ピント合わせをしている間に逃げられた。
f0000866_5271781.jpg
f0000866_5273989.jpg

↑の2枚はM君(小6)の撮ったもの。紫の花が『エゾオヤマリンドウ』で、多くの花が
秋の気配を感じたころ、この花の出番である。
f0000866_5283155.jpg
f0000866_5285395.jpg
f0000866_529185.jpg

≪エゾシマリス≫が食べ物を捜し求めている!!
エゾオヤマリンドウの花を食べている。
f0000866_5293467.jpg

目の前をせわしく駆ける≪エゾシマリス≫ あわててシャッターを切る。
ピンが甘いの・・・・・・だが??          (2011.8.29 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-09-03 05:54 | 動物