旭川じじ・ばばの四季の便り


by tonakaidayori
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

f0000866_633283.jpg

暑寒別川の≪秋サケ≫の捕獲場を孫のM君(小6年)と見てきた。
f0000866_634895.jpg

河口を泳いでいる≪秋サケ≫の群れ M君が撮る。
f0000866_641342.jpg
f0000866_643184.jpg
f0000866_645033.jpg

≪秋サケ≫の遡上!!厳しい顔をしたのが「♂」とやら??
f0000866_65773.jpg

「ホッチャレ!!」・・・(サケやマスが産卵を終え、ボロボロになった状態で食用に
ならないのでほっちゃれ「捨ててしまえ!」が 語源とか?)
f0000866_6530100.jpg

自然の川にとって大切な役割をになう その死骸。動物やバクテリアの力を借りて
分解される。そして多くのミネラルを生産してくれる。
f0000866_655145.jpg

ハシブトガラスやカモメ類によって綺麗に掃除される。
                 (2011.10.15 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-10-31 06:36 | 動物
先日 日本海に出かけた。
f0000866_13532948.jpg
f0000866_13534521.jpg

海岸の岩の上で休む≪シノリガモ≫&≪ウミウ≫
f0000866_1354210.jpg
f0000866_13541884.jpg
f0000866_13543980.jpg
f0000866_13545724.jpg
f0000866_13551667.jpg

たくさんの≪オォセグロカモメ≫や≪ウミネコ≫が羽を休めている。その中に
ひときは目立つ小型のカモメが、泳いだり飛んだりしていた。
それが今回の主役≪ユリカモメ≫である。
冬羽は黒褐色の頭が白くなり 目の後ろに黒の班がる。
f0000866_13554576.jpg

奥が≪オォセグロカモメ≫手前が≪ウミネコ≫
                            (2011.10.15 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-10-27 14:42 | 野鳥観察
f0000866_5372118.jpg

冬間近~~脂肪を蓄え寒さに耐えるため餌探し!!・・・・忙しい≪エゾリス≫
f0000866_5373722.jpg
f0000866_5381249.jpg

オニグルミの木を見つけ早速木に登り実を食す≪エゾリス≫あるいは実を銜え移動!
f0000866_5383757.jpg
f0000866_539615.jpg

光線によっては毛皮が赤く見える。冬毛に変わる前に赤っぽくなるようだ!!
f0000866_54047.jpg

器用に皮を剝き、中の実を食べる~タベル!!
f0000866_5402656.jpg

時には上から落とし地面に保存しておく。
満腹になるとオニグルミの木から降りて地面へ・・・・!!
                     (2011.9.29 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-10-23 06:09 | 動物
f0000866_616355.jpg

朝までに雪が降り、白くにごる山肌!!そんな中盛んに餌をとる≪ナキウサギ≫
f0000866_6165142.jpg

夏毛から冬毛に変わりつつあるマフラーをつけた≪ナキウサギ≫
f0000866_6171496.jpg
f0000866_6173840.jpg

貯食活動(冬に食べるイワブクロなどの葉を乾燥させ貯蔵)が、今年は少ない。
f0000866_6181532.jpg

どこに潜んでいるやら・・・・・一瞬 探すとなんとそこに居るではないか???
f0000866_6184174.jpg

残雪の岩をうまく滑らずに移動 次の餌を求めて!!
f0000866_619280.jpg
f0000866_6192258.jpg

今年産まれた幼獣 やっとカメラに収めた。今までにも見たが動きが早く今回ようやく
初撮りに成功。雪のため行動が鈍ったか??
やや体が小さく毛並みが綺麗だ。ヒトミが穏やかですばらしくかわいい!!
                           (2011.10.13 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-10-19 06:45 | 動物
f0000866_8543732.jpg

連休の10日、息子に誘われて、孫と3人で浮島方面に出かけた。目的は≪オショロコマ≫
釣り。秋晴れの行楽日和!!
f0000866_855893.jpg

2年ほど前はたくさんいた≪オショロコマ≫だが、今回は釣果は10cm位が2匹
15cm位のが1匹・・・・合計3匹
f0000866_855257.jpg

帰途上川にある『大雪つりぼり』による。
f0000866_8555365.jpg

30cmくらいの≪オショロコマ≫が、ウヨウヨと泳いでいる。
f0000866_8561598.jpg
f0000866_8563762.jpg

じいちゃんは、渓流でつれなかった≪オショロコマ≫を短時間で6匹も釣り上げた。
朱斑が綺麗だ。本道の中部以北の渓流域や湿地帯に分布。
f0000866_8571089.jpg

孫たちは≪ニジマス≫の大きいのを狙い、50cmほどあるのを2匹ゲット。
そこで釣った魚を料理してもらう。オショロコマ3匹は塩焼き。後3匹は唐揚げ。
ニジマスは刺身と持ち帰り。かかった費用が1万〇〇円也。楽しい1日だった!!
                   (2011.10.9 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-10-16 09:39 | 釣り
久しぶりに天候も良いので、K公園を散歩。イチョウの黄葉は見ごろ。小学校の
低学年の児童・幼稚園の年長組の幼児が、秋を楽しんでいた。
f0000866_1429143.jpg

木の上で遊ぶ≪エゾリス≫。
f0000866_14292870.jpg

下でじっとエゾリスの降りてくるのを待つ≪キタキツネ≫の仔ども。
f0000866_14294350.jpg

傘の直径が20cmもある大きな≪ベニテングタケ≫見るからに毒々しいキノコ。
遊歩道の横にあった。学名がムスカリアというように、ムスカリンの毒性がある。
f0000866_14295899.jpg

さて いよいよ本題に入ろう!!例年開催している旭川野鳥の会会員写真展が今年も
北陸銀行(市内3条10丁目)ロビーで開かれている。
f0000866_14301221.jpg
f0000866_14302993.jpg

プロ級のカメラマンが何人もいて 結構人気があるようだ!!
f0000866_14304948.jpg
f0000866_1431554.jpg

右端2枚が、じいちゃんの写真、上がハヤブサの求愛給餌 アクロバット飛行、下は
7月に撮った択捉島沖のエトピリカ!
10月中開催しているので近くの方はどうぞ見てください。

               (2011.10.11 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-10-11 15:19 | 日記
今年は雪が早くて、10月4日で12cmほどの積雪。
f0000866_549953.jpg

こんなに雪が積もると、ナキウサギが出ない。岩で休んでいると1mほど先に
≪ハシブトガラス≫がいた。飴をやると銜えて遊んでいたが間もなく飲み込んだ。
f0000866_5492318.jpg

近くに≪ホシガラス≫が飛んできて、何やら赤い木の実を食べている。(9.21)
f0000866_5501457.jpg
f0000866_5503475.jpg

この日は雪がないので≪ナキウサギ≫が、ガレ場を駆けていた。冬毛に替わりつつある。
f0000866_5505625.jpg
f0000866_551122.jpg

≪エゾシマリス≫も 出てきて冬眠に備えてほお袋いっぱいに餌を詰め込む。(9.20)
f0000866_5522776.jpg
   
高い山にだけ棲む≪ダイセツタカネフキバッタ≫ (9.20)
f0000866_5531095.jpg

十勝岳の生き物をゴタゴタ並べたが、『ごった煮方式』記述をゴカンベン!!
あの降雪以来出かけていないが雪も解けて、≪ナキウサギ≫も貯食に忙しいことであろうナ!!
                 (2011.9.20~10.4 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-10-10 06:43 | 動物
仔ギツネが、芝草の上で日向ボッコ。手前にもう1匹の兄弟ギツネ。
f0000866_301332.jpg
f0000866_303796.jpg

そんなところへ親と思われるもう1匹が現れる。
f0000866_31541.jpg

親子3匹が勢ぞろい!!  これからどんな《ドラマ》が始まることやら。
f0000866_31336.jpg

親子の対決かと思われたが・・・・???
f0000866_321075.jpg

何のことはない。ジャレアイが始まった。まだ親離れ・仔離れをしていないのか??
f0000866_323486.jpg

そんなところへ≪エゾリス≫が現れ、親の追跡が始まる。
f0000866_33311.jpg

その後からコギツネが邪魔をして、獲物の≪エゾリス≫が樹上に逃げ親にしかられている。
f0000866_34153.jpg

コギツネの狩の学習が終わり一回り成長。家族の絆の深さを垣間見る。
春先に見たときは、あんなに小さかったコギツネも親に負けないだけの体になり
これから本格的に別れが始まるのだろう!!
                        (2011.9.29 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-10-06 03:47 | 動物
f0000866_614516.jpg
f0000866_623289.jpg

霧の中の≪エトピリカ≫ 亜成鳥(幼鳥)2羽。なぜか幼鳥が多い。飛び立つときは
かなりの距離を助走するも、体が重くなかなか飛ばれす低い高度で飛ぶ。
f0000866_625749.jpg
f0000866_631933.jpg

ようやく3日目の午後晴天。青空と青い海のなかの≪エトピリカ≫が良く似合う。
霧の鬱憤を晴らすよう船の上を何回も旋回し。「エトピリカに遇えてよかった!
バンザ~イ!!」の声が甲板に響く。
f0000866_635381.jpg

バレーダンスをしてバーダーたちを楽しませてくれる。もちろん船は止まってくれる。
f0000866_691818.jpg
f0000866_695735.jpg

夏鳥で道内の根室や釧路地方の海岸や島で繁殖するも数は少ない。
f0000866_6102429.jpg

船の周りを何回も飛んできては、グルグルと回りわれわれを観察している。
最後は、沖へと消えていった。

歯舞・色丹・択捉島沖クルーズツアーに参加しこれが最終章・・・お疲れサマでした。
2年後サハリン発着のロシア・北方4島クルーズの計画があるよう、再度挑戦してみたい
のだが・・・・???
          絶滅危惧ⅠA類(環境省) 絶滅危急種(北海道)
                    (2011.7 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2011-10-02 07:00 | 野鳥観察