旭川じじ・ばばの四季の便り


by tonakaidayori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

f0000866_6243447.jpg

野付半島に行く途中道路わきの電柱に2羽の≪オオワシ≫が所狭しと止まっていた。
道東に行けばこういうのはいつでも見れる光景だ!!
f0000866_62514.jpg

これも途中の木に止まっていた≪オジロワシ≫のツガイと見られる。
f0000866_6255784.jpg
f0000866_6265142.jpg

同じようなカッコウシテルガ違う個体の≪オオワシ≫
f0000866_6271169.jpg

≪オジロワシ≫の若様。
f0000866_6281160.jpg

≪オオワシ≫が大きな羽を広げ青空に飛んでいた。
f0000866_6283271.jpg
f0000866_6285696.jpg

≪オジロワシ≫の飛び立ちと着地。
かくて3泊4日のたびも無事終わることが出来た。1番小さな孫Wちゃん(4歳)も
雪が珍しく雪球を作ってはダレカレかまわずぶつけてはハシャイデイタ。
                  (20011.12.28~31  Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2012-01-26 06:49 | 野鳥観察
オシンコシンの滝を見てきた。冬の間凍結状態だが、
f0000866_3101143.jpg
f0000866_3102770.jpg

滝そのものは勢いよく流れていた。ここは知床の景勝地の一つでもある。
さて、今回は、今まで何回も探したが見つけることの出来なかった≪ワタリガラス≫
これを親子孫の三代で探し続けた。結果が以下の画像である。
f0000866_3112991.jpg
f0000866_3114613.jpg
f0000866_312105.jpg
f0000866_3132994.jpg
f0000866_3145543.jpg
f0000866_315229.jpg

さてこの中には間違いなく≪ワタリガラス≫がいる。
次回まで探し出してほしい。最終は隊長に同定を任せるとする??

           (2011.12.31 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2012-01-22 04:02 | 野鳥観察
野付半島に入る前 漁港によって≪クロガモ≫の群れを見た。
f0000866_635330.jpg

顔の白っぽいのは、雄幼鳥である。近くで群れを見たのは初めてである。
f0000866_6352243.jpg

その手前には、≪コオリガモ≫が群れで泳いでいた。
f0000866_6354298.jpg

野付半島の先端では、≪コクガン≫が3つの小さな群れを作り採餌をしていた。
f0000866_637471.jpg
f0000866_6374868.jpg

f0000866_6393430.jpg

人影を見るとすぐ飛び立つ。警戒心の強い水鳥である。
f0000866_6401450.jpg

この地にも≪エゾシカ≫が数多く棲み 今では本道の動物として定着。
f0000866_6404560.jpg

≪オジロワシ≫がいたが、鷲類については後ほど特集で掲載予定。
※ 訂正 浦幌編の上から5枚目≪ノスリ≫とあるのを≪ケアシノスリ≫に訂正。
              (2011.12.30 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2012-01-18 07:13 | 野鳥観察
最東の根室市にやってきた。納沙布岬を目指し車は走る。
ゴヨウマイ近くに≪トビ≫が数羽づつ木の枝に止まっていた。
浜頓別には≪ワシ≫のなる木があるが、これは正に≪トビ≫のなる木である。
f0000866_23485825.jpg

f0000866_23491890.jpg

≪ヒメウ≫が50羽近く小さな岩場に羽根を休めていた。この中に1羽の
≪チシマウガラス≫が潜んでいる。ここから探すのが大変で爺と孫のM君は
探すのを諦めていた。
f0000866_23494185.jpg

やはり隊長だけあって、眼鏡を覗きながら見つけ出す。天晴れ!!
夏羽の≪チシマウガラス≫は見つけやすいが、冬羽は無理である。
右から5羽目ぐらいにいるくちばしの根元の白いのが≪チシマウガラス≫である。
f0000866_23495823.jpg
f0000866_23501615.jpg
   
≪ワシカモメ≫の幼鳥である。白色と淡褐色の斑紋がある。
f0000866_23503428.jpg

遠くの海上には、流氷が押し寄せている。間もなく接岸するのであろう!!
f0000866_23505233.jpg

                   (2011.12.30 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2012-01-13 00:27 | 野鳥観察
f0000866_127494.jpg

次は浦幌を目指す。そこで≪ケアシノスリ≫が木の枝に止まっている。
f0000866_1273290.jpg

じっとしていたが こちらが少しづつ移動したので遂に飛び立ってしまう。
f0000866_1275321.jpg

≪スズガモ≫が数羽泳いでいた。
f0000866_1281421.jpg

豊頃の漁港に≪ハマシギ≫が餌をあさっていた。
f0000866_128374.jpg

海岸を走っていたら≪ノスリ≫が枝に止まっていた。普通に見られる鳥だがバックが
良かったのでUPしてみた。
f0000866_129170.jpg

海上には≪ウミアイサ≫が 泳いでいた。どちらもオスである。
f0000866_1293097.jpg
f0000866_1294785.jpg

内陸では見れない≪クロガモ≫が面白いカッコウシテ浮かんでいた。
                (2011.12.29 isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2012-01-09 12:43 | 野鳥観察
f0000866_3484984.jpg

帯広空港で隊長たちと合流して立ち寄ったのが帯広川。
お目当ては≪クビワキンクロ≫だったが残念ながら見ることが出来なかった。
ポプラーな水鳥だが確認されたものを次に紹介する。
f0000866_349119.jpg

左が≪ミコアイサ≫次が≪キンクロハジロ≫の♀。後ろが同じく♂。
f0000866_3492892.jpg

道内では数はマガモなどよりずっと少ない≪カルガモ≫一家??
f0000866_3494785.jpg

≪カイツブリ≫ 夏鳥だが凍らないところでは越冬する。日本のカイツブリ類で一番小さい。
f0000866_3501795.jpg

左奥が≪カルガモ≫その前が≪マガモ≫の♀。右が≪カイツブリ≫。。。。
f0000866_3503519.jpg
f0000866_3505254.jpg

純粋の≪アメリカヒドリ≫ 交雑種は見たが、綺麗なのは初見。
眼から後ろに緑色光沢の幅広い帯が特徴。
これから根室に向かうが途中で寄り道をしながらゆっくり走ろう。
                  (2011.12.29 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2012-01-05 04:15 | 野鳥観察
f0000866_11582519.jpg

昨年最後の夕日。野付半島の夕日。なにやら小さく海鳥が見える。
f0000866_1159010.jpg

オシンコシンの滝 真冬にも
凍らず勢いよく流れていた。
f0000866_11594854.jpg

ソバの樹には≪オオワシ≫と≪ハシブトガラス≫の2羽が 仲良くツウショット。


        (2012.1.1 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2012-01-01 12:40 | 日記