旭川じじ・ばばの四季の便り


by tonakaidayori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

恐竜と同じ時代に生まれた『当麻鍾乳洞』

f0000866_13433177.jpg

北海道指定 天然記念物の『当麻鍾乳洞』が、旭川から車で30分位北に所在する。そこへ
BABAちゃんと出かけた。
奇麗な案内標識に従い進む。山の中腹に建物が見える。
f0000866_13435745.jpg

地質学的に極めて興味のある特徴を有する鍾乳洞。
f0000866_13441351.jpg

昭和36年に指定され、その規模は、延長135m・洞内面積1500㎡の小さな洞である。
f0000866_13443425.jpg

洞内には、無数の石筍・石柱・鍾乳管・鍾乳華があり、手厚く保護されている。上は石柱。
f0000866_13445651.jpg

鍾乳石が3cm成長するには約200年の歳月を要するといわれている。従って画像のように、
 長さ数m・直径10cm以上もの石柱がつらなる当麻鍾乳洞は、まさに太古から続く地球の営みそのものである。
f0000866_13451542.jpg

当麻町では、そんな鍾乳洞への特別な思いを込めて、『当麻鍾乳洞』と固有名詞で表記している。方解石結晶で価値あるこの鍾乳洞を大事に保護したい。ちなみに入洞料は、
大人500円、子ども300円。幼児無料。
      (2006.9.20 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2006-10-08 14:35 | 日記