旭川じじ・ばばの四季の便り


by tonakaidayori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2007年 03月 12日 ( 1 )

わが家の庭には、珍しいアトリ・ツグミ・ヒヨドリ・シメ・ウソなどが訪れてくれる。
f0000866_8323140.jpg

雪吊りの帽子から飛び立とうとしている「ウソ」・・・足が空中に浮いているのが解るかな??
f0000866_8325041.jpg

雪吊りで有名なのが兼六園、雪から木の枝を守るために工夫したのが、この雪吊り。
これはツリバナの枝を守るために工夫した我流の雪吊り。
f0000866_833255.jpg

「ウソ」の♀、体全体が、褐色がかっている。のどやほおに赤色がない。頭、翼、尾が黒く地味な色をしている。
f0000866_8334558.jpg

シジュウガラの食べ残した、ヒマワリの種を、仲良くついばんでいる雌雄の「ウソ」。
常盤シロバナツツジ(エゾムラサキツツジの変種、白の花が咲く)の花芽を殆ど食べつくした。
今年の春は、このつつじの花は見ることが出来ない。
f0000866_834210.jpg
f0000866_8341574.jpg

我が家にはもう何年もやってくるポピュラーな鳥。ピーヨ・ピーヨと甲高い声で鳴く。
窓越しに写す。人馴れしてのんきにりんごを食べている。

82007.3.6 Isamu)
[PR]
by tonakaidayori | 2007-03-12 09:11 | 野鳥観察